社会貢献活動

エネルギー事業を通じた地域活性化

竹田市土地改良区宮ケ瀬工区における取り組み

農業用水路を利用した小水力発電収益活用による地域活性化

竹田市土地改良区宮ケ瀬工区における取り組み

事業目的、地域づくりのビジョン

 高齢化、過疎化が進む竹田市宮ケ瀬地区で、古代から紫神社周辺で栽培されていた「紫草」を中心に地域活性化活動を行っています。しかし、資金面での援助が少なく活動に支障を来たしています。
 紫草の根で染色する工房を今年新設しました。今回の小水力発電システムの建設により、全国への周知や地区に人が集まる計画において、売電収入を広報活動費や人件費などに充てることができ、地域の活性化につながります。

竹田市土地改良区宮ケ瀬工区における取り組み

緒方井路土地改良区における取り組み

緒方井路を利用した小水力発電収益活用による地域活性化

緒方井路土地改良区における取り組み

事業目的、地域づくりのビジョン

 地域住民にとって緒方井路は、本来の灌漑用水としての活用にとどまらず、集落で洗い場や水遊び場、防火用水などの欠かすことのできない生活の一部として愛されています。
 高齢化、過疎化が進む地域において緒方井路を活用した小水力発電事業に取り組み、その収益を子どもたち向け環境教育イベント開催や、水路にまつわる伝統的なお祭への協賛、さらには景観維持費用に活用することで、地域の活性化を実現できます。

緒方井路土地改良区における取り組み

幸野溝土地改良区の取り組み

 熊本県球磨郡湯前町に当社が建設した幸野溝発電所では、地域の子供たちへの見学研修が行われました。「水土里ネット幸野溝」様主催の「森林の学校in山の恵み体験2013」では、地域の小学生とその保護者約100名の参加があり、弊社が設置した小水力発電の見学学習などが行われました。
 弊社社長である木原倫文も、水力発電の意義やしくみについて子供たちに説明させて頂きました。
 見学学習の様子は主催団体である水土里ネット熊本様のウェブサイトで紹介されています。

水土里ネット熊本

幸野溝土地改良区の取り組み

お問い合わせはこちら